ニーマイヤーの曲線


“直角には惹かれない。人間がつくった、固く、曲がらない、直線にも。わたしが惹かれるのは、自由でセクシャルなカーブだ。わたしの国の山々のカーブ、蛇行した河のカーブ、海の波間のカーブ、愛する女の裸体のカーブ。宇宙すべてはカーブでできており、それはアインシュタインによる曲線の宇宙だ”

オスカー・ニーマイヤー

e0005071_21251891.jpg




e0005071_21254262.jpg
[PR]
# by techinho | 2013-03-18 21:27

サンバの街

夢があるな〜、こういうのをみると元気がでる。


[PR]
# by techinho | 2012-03-03 03:53 | Filme

無題

e0005071_6383573.jpg


ばらばらの積み木から偶然うまれたような調和のかたちを内と外からみつめる。
[PR]
# by techinho | 2011-10-21 06:58 | Cotidiano

藤本一馬


かっこえーなー

曲も演奏も。

このトリオ、生で観てみたい。

映像もシンプルでナイス、最初のボケがいい感じのは何のカメラ機材かな。



[PR]
# by techinho | 2011-06-14 23:31 | Musica

ipanema na boa

e0005071_1212996.jpg


e0005071_1205733.jpg
[PR]
# by techinho | 2011-03-02 01:24 | Cotidiano

Verão 2011

e0005071_1481811.jpg


Garota de Ipanemaを見つけました。

(右です、念のため)

ここはパワースポット、まちがいない。イッツ・ハイテンション。
[PR]
# by techinho | 2011-02-09 01:55 | Cotidiano

viagem e site novo

明晩リオを発ち、日本へとびます。地球を半周ほど。
本日リオは晴天、いま34℃くらい。窓のそとではセミが大合唱。
山ごもりするあたりは氷点下で、リオとの気温差40℃。クアレンタ・グラウス。
山での仕儀を無事すませたら、18日は俗世、縁があれば浅草キボンへ。

新年ということで会社のサイトをリニューアルいたしました。
http://www.wasabi-brasil.com/

e0005071_21245938.jpg
[PR]
# by techinho | 2011-01-07 21:28 | Cotidiano

brasilia

e0005071_334074.jpg


正月、ブラジリアにて。

ジルマ・ルセフ新大統領の就任式取材で大晦日のフライト。
リオ→ブラジリアのGOL航空機内には、パッセンジャー8名。
アエロモッサが配るあめ玉をいくつか余分にもらう。
ポリチコのプール付豪邸が眼下に整然とならぶ。
飛行機を象った計画都市の、右翼の付け根あたりにあるホテルにチェック・イン。
外は小雨。街ゆくひとは少ない。近辺をぶらぶら散歩する。
ニーマイヤーが50年前に産みおとした建築物が、時代に風化されるどころか、時代を風化するごとく、時間を超越して存在している。100年後の世界を歩いてるような。なんだか宇宙から降ってきた硬質の卵みたいだなと思う。ニーマイヤーは百三歳。背骨が曲がって小さくなったヨーダのような爺さんだけど、いまなお現役のアルキテト。もしかして宇宙人だったりして。
[PR]
# by techinho | 2011-01-05 03:29 | Cotidiano

atsu

いやー、あつい。
熱帯夜。ノイチ・トロピカル。夕涼もうと路上にでてふらふら、ビールのんで家にかえってきたけど、ますます暑くて、家にはビールもなく、もういっかいでる気力もなく。
グーグル・ニュースをついひらいて、オザワ管とかえび蔵とかタイトル見るだけでよけいあつくるしい。

どこかに涼しくなるブログとかないかな。痛切に、というほどじゃないが、鈴虫がいまいたら安らぐだろうなかなり。風鈴はあるけど、海はべたなぎ、丘を通る風は仮死。そよっともしない。無音の熱帯夜。密度が濃く低い。なにかが生まれる前兆の、なにかを待っているかのような空気。

こういうのをツイッターでつぶやくかんじなのかと思うが、こういうのを読む人はあつくるしいでしょう。ご愁傷さまです。ウミルジメンチ。恐縮ですが。

こういう、ひとが訳わからないことを脈絡なく書くのもどうかだし、失礼にもあたる(といまおもう)。他愛もないけどずっと書きたかった秘密めいた楽しいバカ話しは、誰からも読まれなくても、ただ自分のホビーとして楽しむ場所をそろそろ作るときかもしれない。チェンジの季節。寅年も終わり。なんとなく薄々感じていたことであったけど、いい意味で。書くときはちゃんと書くべき、を徹底すべき。

ブログというのもどんな目的であるのか、自分にとってはなにかといえば、気分のバロメーターかもしれず、まあふつう忙しいとき、調子がわるいとき、ぜっこうちょうのとき、は書かないし、今はといえば寝る前のひまつぶしで、いまの気分を例えると最近のジャヴァン、往年のチンマイアにもっていきたいけどまあ無理だしと自覚している感じ。むーんちがうか、サンバエンヘードはさっきさんざん耳がいたくなるほど聴いたから幕間の懐メロパゴージ、マホンボンボンとかか。

1年がもうすぐ終わる。今年はいろいろポジティヴにシンプルに生きたのは間違いないけど、それはそれでよいし、こうしたらよかったのにということは思い浮かばない。あそこでこういってたらというのは裏ブログに書くとして。さっそく書くか、これを機会に。とつぶやきつつ、よけいあつくるしい。ここで涼しくなることを自分のために書けるか。
思いついた、ので書いておこう、自分のために、さっきひさしぶりに手にした本の言葉。

***

一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。

三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。

六日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。

永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。


つぶやき終了。
[PR]
# by techinho | 2010-12-22 11:35

Leo Cavalcanti


[PR]
# by techinho | 2010-12-06 00:56 | Musica

dez.

12月のアルポアドール。
夏至が近づくこの時期、夕日は海に沈む。

e0005071_9142764.jpg

[PR]
# by techinho | 2010-12-05 09:15 | Cotidiano

Rock in Rio 2011

23 24 25 30 SETEMBRO
01 02 OUTUBRO 2011
今月からチケット発売。あと317日。
www.rockinrio.com.br/

e0005071_054313.jpg
[PR]
# by techinho | 2010-11-10 00:06 | Musica

Carnaval 2011

来年は、3月5,6,7,8日で、9日が灰の水曜日。
年明けからのプレカルナヴァレスコの期間が長い。いいねー、がっつり遊びたい。このプレ期間が面白い。だんだんカリオカが野獣化してゆくプロセスをながめるのは楽しい。
そのあいだ仕事になんないし、本番の3月迎えてジリ貧だったらせつないから、いまから遊ぶお金を貯めておかんとなー(もう遅いか)

e0005071_2333726.jpg
[PR]
# by techinho | 2010-11-05 23:06 | Carnaval

Twitter

スマートフォンをもってないし、使用目的もないし、そんなわけで自分でTwitterをやってないけど、こんなすごい武器になるんだと感心した記事。

ツイッターが変える日中の未来(1)
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/11/post-1767.php

ツイッターが変える日中の未来(2)
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/11/post-1770.php?page=1
[PR]
# by techinho | 2010-11-05 09:02 | Cotidiano

Dilma

さて、ヂルマのことについて少し。
ルーラが強力に推したからこそ当選したわけだが、ルーラは大統領選に挑むこと5回目してやっと当選。ヂウマはいっさいの選挙体験がなく、初の選挙で大統領になった。
敗れたセーラは何度となく選挙にでて議員や州知事の座を勝ち取っている。
このヂルマの経験不足、政治家として未知数なことが反対票ともなった。
対米関係は変わらないとしても、どのような外交手腕を発揮するのか、アジア、特に中国とどのような関係を築いていくのか。為替戦争をどう導いていくのか。

ともあれ、来年以降も現政権の流れを引き継ぐわけだが、国会における与党の議席も増えて力を増し、新政権の大臣の顔ぶれもすでに取りざたされている。選対委員長をつとめた元財務大臣のパロッシがどのようなポストにつくのか。セウソ・アモリン外務大臣の後釜はだれになるのか。スキャンダルで辞任した官房長官の後釜は。
いろいろと国内問題も山積しているが、ルーラも手をつけなかった「教育」分野のシステム改革が、ひとつの大きな試練として注目されている。

e0005071_2212592.jpg
[PR]
# by techinho | 2010-11-03 22:13 | Politica

Shichihei Yamamoto

サマータイムに突入した翌日、快い晴れ。
ひさしぶりに海水浴。
水の冷たさもしょっぱさも心地よく、しばし波間をただよう。
つい口ずさむ、TUBEのストップ・ザ・シーズン・イン・ザ・サン♪
夜はチジューカのエスコーラでサンバンバン。

某日。
リオに住む居合いの名士と談笑。
神前への礼、黙想、サムライの心構え……に対するブラジル人生徒の反応、某大手企業が社員に配る日本人顧客接待マニュアルの妙など興味深い話しを聞く。

山本七平の『日本人とは何か。』を熟読中。
友人にもらった『日本はなぜ敗れるのか』で火がつき、『空気の研究』につづいて。
無知はつらい。カリオカに聞かれたらやっぱりちゃんと答えたい。
縄文人とはいかなる民族か、かな文字はいかにして誕生したか、「カミ」とはなにか、日本人の宗教とはなにか、……といった第一部から勉強。

某日。
サンタ・テレーザの丘をくだって、グロリア教会のわきをとおって、グロリア湾の防波堤で鱸(ホバーロ)を狙う。ルアーはSMITHウェイビー・シリーズのシンキングミノー。イワシを模した小さな疑似餌。鱸のかわりにハタ科のバデージョの子供が1匹。もうすぐ、夏の到来とともに、イカのシーズンがはじまる。ぷりぷりイカ・ソーメンの季節。
[PR]
# by techinho | 2010-10-22 21:46 | Cotidiano

Morro dos Macacos

モーホ・ドス・マカーコス、猿の丘。ノエル・ホーザを奉る、名門ヴィラ・イザベルの本拠地。その猿の丘に、ついに髑髏マークで恐れられるBOPEの精鋭部隊が突入した。(M兄、これで平和に暮らせますね!)。
ランボーみたいのが110名、丘の急斜面を、(たぶん)息を切らすことなく、駆け足でのぼっていった。昨日の朝8時のこと。それで一帯を支配していた麻薬密売組織ADA(Amigos dos Amigos)、訳すと友達の友達、つまり赤軍団(コマンド・ヴェルメーリョ)と対立する第3軍団(テルセイロ・コマンド)と同盟をむすぶADAは、前夜のうちに他の仲間のファヴェーラへと逃散した。一部は、エスタシオの本拠地サン・カルロスの丘に身を隠した。ちなみに、マンゲイラやコンプレクソ・ド・アレマォンは赤軍団、ブラジル最大のホシーニャはADA。今年にはいってから、3つの麻薬密売組織の幹部がコンプレクソ・ド・アレマォンに集まり、本気の警察に対抗するために休戦協定を結ぼうとしたが、けっきょく、その前にあのシマ返せやという言い合いになって物別れに終わった。

今回ばかりは、反撃しても、どうあがいても殺されると知ってるのだろう。でも目に見える=銃器を持った組織員(トラフィカンチ)が地下に潜ったところで、目に見えない犯罪はなくならない。麻薬密売組織の新たな戦略として、本気の国家権力と争うことはやめて、面の割れていない組織員をUPP駐屯後もひそかに配置し麻薬販売をつづけている。なぜなら、治安がよくなろうが、麻薬コンシューマーはどこにでもいるし、つねに需要があるから。これはファヴェーラの住民も、ファヴェーラ外部の公共住宅、高級コンドミニアムの住民もかわりはない。ただ売られる麻薬の質と値段が違うだけのこと。

ともあれ、UPPが設置されたら一般部外者でもなかに入ることができる。今年のカーニバルの時期に、NK新聞の取材でなかにはいったけど、あちらこちらに肩から銃をぶらさげてる兵隊の姿が目についた。内部の人間といたからすんなり入れたけど、いなかったら何しに来たのか、誰に会うのか尋問され裏付けをとられる。
しかし、国家権力は麻薬密売組織の追放に力をいれても、警察や軍のOBで組織された非合法犯罪組織ミリシアには手をだしていない。ここがポイント。なぜなら政治家に金がわたっているから(分かりやすい)。この仕組みが、公開された「トロッパ・ヂ・エリッチ2」によく描かれている。
[PR]
# by techinho | 2010-10-16 04:56 | Cotidiano

Newsweek - BRASIL

ニューズウィーク日本版オフィシャルサイト、特集『ルラ後のブラジル』

●大統領はやっぱりルラの七光りで
●ルラの後継者を決める「退屈な」大統領選
●ブラジルの買収攻勢はアメリカの救世主
●格差是正はブラジル式に学べ
●ルラの真の顔は反資本主義
●「ブラジルの世紀」に大きな落とし穴
●インタビュー「諭して聞かせるのが大国のあるべき姿だ」
●ブラジル大統領選の勝者は緑の党
.........etc.
[PR]
# by techinho | 2010-10-09 22:44 | Politica

kingyo

いつのまにかマンゴーの小さな緑の実がいくつもぶらさがっている。リオの風物詩のひとつ。春のリオらしさであとなんかあるかな。サンタ・テレーザの丘をのぼってキリスト像の背中あたりの森のなかで水浴びしても冷たすぎ。やっぱり夏のハイテンションが待ち遠しい。

某日。
サンパウロから遠征にきた男衆と夜の街へくりだす。
あいにくの雨模様。だけど関係なし。お酒を飲んで心身のリフレッシュ。

某日。
ブラジル一の大富豪エイキ・バチスタの会社訪問。
迎えのヘリコプターに乗って、空中散歩。見慣れてるリオも未体験のアングルからだと興味深い。
眼下の海岸線を眺めながら、ここらへんは魚影が濃さそうとか、潮の流れを観察する。

某日。
最近買ったCDではウィルソン・ダス・ネイヴィスがよかった。
ついでに路上マーケットで金魚と漆黒の出眼金を一匹ずつ買う。こっちでも金魚はキンギョ。リオで公開中の映画ポニョの影響か。出眼金の名前を聞くのを忘れた。
あとブラジルでは秋田犬もけっこう有名で、俺そこで生まれたんだよねっていうときに引用できるけど、犬が先ってのもちょっと複雑。

***

いやいや、金魚じゃなくて選挙のことを書こうと思ってたんだと思い出す。
当選したけど文盲がばれて資格を失うかもしれない職業ピエロ、たしかメロンちゃんという名前でファンキを踊る美女、あと賭博でクビがまわらない元代表のホマリオと対抗馬にツートップを組んでたベベット。あとまじめな話しだとマリーナ・シウヴァの躍進が世間をおどろかせた。残念ながら大統領決戦投票には残らなかったけど、彼女の存在とマニフェストによって、金持ちも中流も貧乏もみんなアマゾンの偉大さや自然の大切さについて少しは知るようになった。しかしエコって言葉は嫌い、なんでだろう、たぶん人間のエゴを感じるからだろう。
[PR]
# by techinho | 2010-10-06 06:41 | Cotidiano

UPP

先週UPPがサウゲイロの丘にはいった。
リオ市内では12カ所目。
UPPはUnidade de Polícia Pacificadora、治安維持部隊。ウーペーペーと呼ばれる。
昨年〜今年の流行語大賞になるくらい、リオの日常生活でよく耳にはいってくる言葉。
要は、いままでギャングが支配していたモーホにBOPE(州警察の特殊任務コマンド)が突入し、ギャングを追い払ったあとに、UPPが駐屯して治安を維持する。
そうなると、自分のような外部者でも、入り口でライフルを持った小僧にチェックされることなく、いつ銃撃戦がはじまるかとひやひやすることもなく、モーホのサンバやバイリ・ファンキをのぞくことができる。

初めてUPPがはいったのは、ボタフォゴ地区のドナ・マルタ。2008年12月のこと。数ヶ月前には、かつてビデオクリップを撮影した小さな広場にマイケル・ジャクソンの銅像が完成した。マドンナがきたり、ビヨンセがきたり、いまでは治安回復のモデル地区になっている。ついで映画の舞台になったシダーヂ・ヂ・デウスやバビロニア、シャペウ・マンゲイラ、カンタガロ、ボレウ……etcにUPPがはいった。

ほんでは2008年12月まではどうなってたかというと、あちこちで日常的に市街戦があり、あちこちでひとが死んでいた。それまで警察はなにをやってたのかというと、ギャングから賄賂をもらって見逃したり、押収したドラッグや銃を横流ししたり、まあすんごく腐っていたわけで、それは今でもあるのだけど、警察内の汚職に対しても厳罰が処されるようになり以前よりはクリーンになってきている。具体的には、国が本腰をあげ(莫大な予算を計上)、現場を指揮する州政府治安局にエキスパートが集結、綿密なプランのもとに計画通りにものごとが進んでいる。いままでのゆきあたりばったり主義ではなくなった。

それで州政府治安局は、年内に、マンゲイラの丘、マカコ(猿)の丘、サン・カルロスの丘にUPPがはいると発表。それぞれ、マンゲイラ、ヴィラ・イザベル、エスタシオの本拠地。
来年にはいよいよブラジル最大のファヴェーラ、人口10万のホシーニャにUPPがはいる。
[PR]
# by techinho | 2010-09-20 22:54 | Cotidiano